お客さま本位の業務運営に関する原則

ANZ証券株式会社

ANZグループでは「ANZの存在意義(ANZ’s Purpose)」という企業理念を制定しています。その理念は「我々の存在意義はお客さまとコミュニティが栄える社会を作ることです。我々は全ての人が参加でき、より良い生活を送れるバランスの取れた持続的な経済の実現の為に努力しています。」です。

この理念に基づき、また金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」に準拠しつつ、ANZ 証券株式会社(「当社」)では「お客さま本位」の取組方針として以下の方針を制定しました。お客さま本位の業務運営を実現するべく、以下に掲げる内容を活動の方針としていることを皆様にお示しするとともに、今後その取組状況を定期的に確認、見直し、ご報告してまいります。

① お客さまの最善の利益の追求

当社では従業員の行動規範(ANZ Values)を制定しています。この行動規範はそれぞれの行動規範の頭文字をとってICAREと呼び企業文化として定着に努力しています。ICAREはIntegrity(誠実、公正に業務に取り組むこと)、Collaboration(協調性を持って業務に取り組むこと)、Accountability(責任感を持って業務に取り組むこと)、Respect(お客さま、役職員間、全ての関係者へ尊敬の念を持って業務に取り組むこと)、Excellence(最高の仕事を遂行すること)の5つの規範から成り立っています。

② 利益相反の適切な管理

当社では利益相反対応方針に基づき、利益相反管理の有効性を検証し、適切な運用に努めます。

③ 手数料の明確化

お客さまのお取引、投資判断に資するよう、商品毎の手数料等の透明性を高めるとともに、ご提供する手数料情報の充実と分かりやすい説明に努めます。

④ 重要な情報の分かりやすい提供

販売する商品の特性・メリット・デメリット・リスク・経済環境・市場動向等に関して、お客さまに重要な情報を分かりやすい形で提供することに努めます。

⑤ お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまのニーズをしっかりとお伺いし、お客さまの状況・契約の目的等に照らして、適切な商品・サービスを提供できるように努めます。

⑥ 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

従業員の報酬・業績評価はお客さまの利益を追求し、お客さまを公正に取り扱う為に、収益評価に偏らない評価項目としています。営業に携わる従業員に対して営業コンプライアンス研修を実施しております。

このページのトップへ

PageTop
閉じる
キャンセル OK