よくあるご質問

為替手数料はいくらかかりますか?

円→外貨、もしくは外貨→円の取引毎に為替手数料がかかります。
各通貨の片道の手数料は次の通りです。
尚、為替手数料は店頭表示の為替相場に含まれております。
(単位:1外貨あたり)

AUD 1.4円 GBP 2.1円
NZD 1.4円 EUR 1.2円
USD 1.0円 CAD 1.5円
預金利息に対する課税はどうなりますか?

個人の場合は、源泉分離課税20%(国税・地方税)となります。法人の場合は20%源泉分離課税後総合課税扱いとなり、非課税法人の場合は、非課税扱いになります。支払日が2013年1月1日以降のものには、「復興特別所得税」課税後の20.315%の税金がかかります。

為替が変動して「為替差益」を得た場合の課税はどうなりますか?

いわゆるキャピタルゲインに対する課税については、その年1年間に得たキャピタルゲイン(為替差益もこれに含まれます)の総額が20万円を超えた場合に雑所得として、申告を必要とします(但し、年間給与所得2,000万円未満の場合)。詳しくは税理士等にご相談ください。

金利はどのようにして決定されますか?また、金利はよく変動しますか?

外貨預金は、海外金融市場の取引金利水準を基準とした金利を適用しますので、為替相場と同じように毎日変わります。つまり、日々の資金の需要と供給の関係や本国の金融政策などで変動するわけです。但し、金利はその国の経済状況の反映でもありますので、為替や株式のように通常は短期間で極端に上下するものではありません。なお、一旦定期預金としてお預かりしますと、お申し込み時に約定した金利は次回満期日まで適用されます。

円の資金の場合は、約定期間が長いほど利率は高くなりますが、外貨定期預金の場合は必ずしもそうではないようですが?

そもそも、円を含めて金融市場における利率体系は、一概に長期が高く短期が低いというわけではありません。それは上記でお答えしたように、外貨預金の金利の基準となる金融市場の金利は、主に先行きの金利動向に基づく資金需給のバランスで決められるからです。例えば、先行き金利が下がると予想されれば短期の資金需要が増えて短期金利が高く長期が低くなり、先行き金利が上がると予想されれば短期の資金需要が減って短期金利が低く長期が高くなるのです。

満期日に条件変更や解約を行ないたい場合はどうすれば良いですか?

満期日の条件変更または解約をご希望される場合は、満期日の3営業日前までにお手続を完了することが必要になります。お手続き方法およびご提出いただく用紙等については、事前にお電話にてお問い合わせください。

定期預金の満期日については、定期預金作成時にお送りしている「預金証書」にてご確認いただくか、当行までお問い合わせください。

なお、従来定期預金満期日の約3週間前に当行から「預金満期到来のお知らせ」をお届出の住所へお送りしておりましたが、2018年1月4日以降に満期を迎える定期預金についてはこのサービスを停止しております。

営業時間はどうなっていますか? また営業時間外でも為替・金利のレートを知ることはできますか?

窓口営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後3時までです。土曜・日曜・祝日は休業です。
また、為替・金利については当ホームページ上、および下記の電話によりご確認いただけます。
 金利・為替情報(テープによるご案内)
 0120-119-910(フリーダイアル) 0120-119-910(フリーダイアル)

中途解約はできますか?

満期日以前の中途解約はできません。ただし、約定期間12ヵ月までの定期預金について、当行がやむを得ないと認めて中途解約する場合には、当該期間の利息がなくなります。払戻は手続日の2営業後(海外の休日によっては2営業日以上先となる場合もあります)となります。2年・3年ものは、中途解約・約定後のキャンセルはできません。
ただし、当行の責めに帰す場合等においてはこの限りではありません。

外貨普通預金は取り扱っていますか?

外貨普通預金はお取り扱いしておりません。

預金の満期日に合わせて先物予約はできますか?また、先物予約とはどのようなものですか?

先物予約は出来ます。
為替の先物予約とは、将来の一定期日の通貨の交換レートを前もって決める取引のことです。その交換レートは、金利裁定の理論に基づき、取引通貨間の金利差から求められます。
例えば、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルが日本の円と比べて金利が高い場合は、先物予約のレートが直物レートに比べて円高になり、逆に日本円のほうが金利が高い場合は、先物予約のレートが円安になります。このため預入時当初から解約の先物予約されると、為替の売買手数料がかかるため、為替の差損を確定することになってしまいます。
先物予約は、満期前に為替レートが上昇し、予約締結に有利になった場合にご検討いただくようお勧めいたします。なお、一度取り組まれた先物予約は、取り消しが一切出来ませんので、ご注意ください。先物予約のお申し込みにはあらかじめ当行所定の「外国為替予約締結依頼書兼預金払戻請求書」もしくは書類の提出が必要となります。

お預け入れ期間2年・3年の定期預金でも利息を元金に組み入れることができますか?また 利息のみ外貨で受け取る事ができますか?

いいえ、元金に組み入れることは出来ません。お預け入れ期間2年・3年の中期外貨定期預金は、毎年発生する中間利息を必ず円でお支払いします。 開始時に利息の受取口座の 指定が必要です。

このページのトップへ

外貨預金についての一般的なご注意

  • 為替リスクを伴いますので満期時に円に換えた場合、預入時の円貨額を下回る「元本割れ」を生じることがあります。
  • 為替レートに変動がないときでも、初回満期時に円に換える場合には往復の為替手数料(例えば1オーストラリアドルあたり2.8円)がかかるため、一部のケースを除いて元本割れが生じます。
  • 預金開始時の円から外貨への換算には、手数料(例えば1オーストラリアドルあたり1.4円)を含んだ当行所定の預金売レート(預入時)を、一方満期時の外貨から円への換算には、通常、満期日の2営業日前の手数料(例えば1オーストラリアドルあたり1.4円)を含んだ当行所定の預金買レート(引出時)を適用します。
  • 外貨預金は預入通貨、期間、金額により異なる利率が適用されます。
  • 定期預金の利率は預入日の利率が満期日まで適用される固定金利です。
  • お利息には20.315%の税金がかかります。
  • 満期日以前の中途解約はできません。ただし、約定期間12ヵ月までの定期預金について、当行がやむを得ないと認めて中途解約する場合には、当該期間の利息がなくなります。2年・3年ものは、中途解約・約定後のキャンセルはできません。ただし、当行の責めに帰す場合等においてはこの限りではありません。
  • 満期時の継続方法は、元利継続または利払式をお選びいただけます。※2年・3年ものは利払式のみになります。
  • 満期時のご解約・条件変更等は、満期日の3営業日前までの受け付けとさせていただきます。
  • 外貨預金口座から外貨建て送金(国内・海外とも)をする場合には手数料がかかります。電信料4,500円/この他にリフティングチャージ(取扱金額の0.1%、最低2,500円)
  • 当行の預金は日本及びオーストラリアの預金保険の対象外です。
  • 契約締結前交付書面(商品説明書)等をよくお読みいただいた上でご理解いただき、投資判断を行ってください。

資料請求

このページのトップへ

計算ツール

金利・為替情報

資料請求

お問い合わせ

・東京支店
東京支店の地図
TEL:03-6212-7777
FAX:03-6212-7779
・大阪支店
大阪支店の地図
TEL:06-6456-1231
FAX:06-6456-1230

お読みください

ANZからのお知らせ

PageTop
閉じる
キャンセル OK