ANZ概要

オーストラリア・ニュージーランド銀行の概要

商号 オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド(銀行)
(英語表記:Australia and New Zealand Banking Group Limited)
グループ本店所在地 オーストラリア メルボルン
グループ拠点数
(2016年9月末現在)
世界34の国・地域で業務展開。支店および駐在員事務所数は1,127ヶ所
グループ行員数
(2016年9月末現在)
46,554名
格付け
(2016年9月末現在)
長期債格付け: Aa2 (ムーディーズ)
AA- (スタンダード・プアーズ)
短期債格付け: P-1 (ムーディーズ)
A-1+ (スタンダード・プアーズ)
自己資本比率
(2016年9月末現在)
普通株式等Tier1比率  9.6%(豪州当局APRAベース)、14.5%(国際統一基準ベース)
Tier1比率  11.8%(豪州当局APRAベース)、17.5%(国際統一基準ベース)
Tier1+Tier2比率  14.3%(豪州当局APRAベース)、20.7%(国際統一基準ベース)
在日代表 グラント・ナッキー (Grant Knuckey)
在日支店所在地 東京支店
〒100-6333
東京都千代田区丸の内二丁目4番1号
丸の内ビルディング33階

大阪支店
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田ニ丁目2番2号
ヒルトンプラザウエストオフィスタワー17階

名古屋出張所
〒450-6215
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
ミッドランドスクエア15階

登録金融機関 関東財務局長(登金)第622号
加入協会 一般社団法人全国銀行協会・日本証券業協会
日本における
主な業務
外貨定期預金、外貨通知預金、仕組み預金、投資信託の販売、海外送金、現地口座開設の媒介(オーストラリア、ニュージーランド)、オーストラリア等の不動産担保ローン、マーケット関連業務(金利、為替、コモディティーなどの店頭デリバティブ取引)、資金取引、コーポレートファイナンス、キャッシュマネジメント、貿易金融、サプライチェーンファイナンス、プロジェクトファイナンス、ECAファイナンス、リースファイナンス、ローンシンジケーション

ANZのビジネス戦略

ANZグループのビジネス戦略

ANZは180年以上の歴史を有する銀行です。オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋地域、そして米国、欧州、中東を含む世界34の国・地域で、お客さまや、株主、地域社会とともにパートナーシップを築きながら成長を続けてきました。

ANZの強みは中核市場であるオーストラリアとニュージーランドに加えて、アジア太平洋地域におけるプレゼンスを通じたアジア地域全域にわたるネットワークの提供です。各市場のローカルに根ざした視点から、顧客ニーズに合った提案を行い、世界とつながる銀行としてサービスを提供しています。

ANZは多様性を重視します。グループ全体に占める女性管理職比率は4割を実現するなど、ダイバーシティーの実現にも注力しております。

GEOGRAPHY:

  • オーストラリア、ニュージーランドにおける強い基盤
  • アジア太平洋地域における幅広く強固なネットワーク

CAPABILITIES:

  • オーストラリア、ニュージーランド、アジア全域にわたる高い専門性に
    裏付けられた、ソリューション提供、エグゼキューション力
  • 資源・コモディティー、インフラストラクチャーセクターなどに関しての
    深い業界知見に基づいたソリューション提供力

CUSTOMER:

  • お客さまのニーズを理解することを第一とした、最適のソリューション提供
  • お客さまの成長・拡大を視野に入れた提案力

沿革

1835年 Bank of Australasiaとして、英国で設立(英国の銀行法による)
1951年 Union Bank of Australiaと合併し、現在の銀行名に改称
1969年 日本:東京に駐在員事務所を開設
1977年 本店所在地を英国からオーストラリア(メルボルン)に移転。名実ともに、オーストラリアの銀行となる
1985年 日本:東京支店を開設し、日本での営業を開始
1987年 日本:個人投資家向けに外貨預金の販売を開始
1989年 ニュージーランドのPost Bankを買収し、ニュージーランドでの営業基盤を拡大
1990年 日本:大阪支店を開設し、西日本での営業基盤を拡大
同年、National Mutual Royal Bank Limited とTown & Country Building Society
(両行ともオーストラリア)を買収
2001年 Bank of Hawaiiのパプアニューギニア、ヴァヌアツ、フィジーの支店を買収
2002年 ING Groupと共同でオーストラリア及びニュージーランド国内において投資信託及び生命保険業務を開始
2003年 The National Bank of New Zealandを買収
2004年 カンボジアにてRoyal Groupと資本提携、銀行を設立
2006年 中国Tianjin City Commercial Bankに出資
2007年 最高経営責任者(CEO)にMike Smithを指名
同年、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティー・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)において、リーディンググローバルバンクとの評価
同年、マレーシアのAMMB Holdings Berhad、中国Shanghai Rural Commercial Bank、ベトナムのSaigon Securities Incorporation、ラオスのANZ Vientiane Commercial Bankに出資
2009年 上海万博、全豪オープンテニス・グランドスラムアジア・パシフィック大会へのスポンサーを発表
Royal Bank of Scotlandの台湾、シンガポール、インドネシア等の資産を買収。INGとのジョイント会社であったオーストラリア及びニュージーランド国内における資産運用・生命保険会社を100%子会社化
同年、豪州の農業部門の金融会社Landmark Financial Serviceを買収
2010年 日本:名古屋出張所を開設
2012年 ニュージーランド現地法人 ANZ National Bank Limited をANZ Bank New Zealand Limited に商号変更
日本:日本で個人投資家向けに外貨預金を開始して25周年を迎える
2013年 ミャンマーに駐在員事務所を開設
日本:2013ワールドベースボールクラシック親善試合(大阪開催)の豪州代表をスポンサー
2014年 日本:J-MONEY 誌の東京外国為替市場調査より豪ドル・NZ ドルの通貨別ランキングで22年連続1位を獲得
2015年 創業180周年を迎える
ミャンマーとフランスに支店を開設し、タイに現地法人を設立
2016年 最高経営責任者(CEO)にShayne Elliottを指名

 

このページのトップへ

PageTop
閉じる
キャンセル OK